磯谷温泉跡 発電所の湯 [北海道函館市双見町]

温泉

まさに秘湯 磯谷温泉跡 発電所の湯

発電所の湯は函館市、双見町の山奥にある、温泉街廃墟跡から流れ出るお湯を使った露天風呂です。
磯谷温泉跡の野湯群となっていましたが、今では、浴槽が掘られています。

本当の山奥のため、すれ違いが困難な細い砂利道で山に入っていく必要があります。
奥の方は携帯電話は圏外になります。
googleマップやナビでは表示されない道の分岐があります。
熊、鹿、蛇等の出没があります。
道中、入林届出書の投函が必要になります。
雨の日及び、日没後に向かうのはなかなかリスクは高いです。
そんな場所にある、秘湯です。

磯谷温泉跡 発電所の湯の入り方

お湯は温泉跡から、今も流出しており、その流れは、最終的に近くに流れる川に注ぎ込んでいます。
お湯の流れに沿って、浴槽が掘ってあります。
お湯の流れている箇所を、砂袋でせき止め、キャップを開けて、お湯を浴槽内にためます。
使用後は、キャップをして、砂袋を元の位置に戻します。

磯谷温泉跡 発電所の湯の詳細情報

所在地:北海道函館市双見町

コメント

タイトルとURLをコピーしました