史跡・遺跡・廃墟

雄別炭鉱 病院跡 [北海道釧路市阿寒町]

雄別炭鉱雄別病院スロープ 史跡・遺跡・廃墟

雄別炭鉱病院跡 中庭

雄別炭鉱事故で傷ついた人々を見届けた雄別炭鉱病院

雄別炭鉱の最盛期には雄別地区だけでも1万5千もの人口がありました。
そんな地域の暮らしを支えていた雄別炭鉱病院。
今も誇らしげにその勇姿を、雄別の自然の中に残しています。

特徴的な、開放的なスロープ。
当時はガラス窓から、光が差し込み、明るく院内を照らしていたことでしょう。
廃墟になりながらも、今なお美しい雄別炭鉱病院。

雄別炭鉱の歴史と、雄別炭鉱病院

雄別炭鉱ではガス爆発、落盤、崩落など多数の事故が起き、多くの死傷者が出ています。
過酷な状況で働く炭鉱では、怪我は日常茶飯事で起きていたことでしょう。

雄別炭鉱病院は記録を見ると、起源は1935年に開設された雄別炭砿診療所となっています。
雄別炭砿診療所は雄別、緑が丘地区に開設されました。
現在も残っている病院跡である、旭町に移設されて、『雄別炭礦病院』となったのは、1939年となっています。

単純な診察だけでなく、児童から、炭鉱夫、老人の健康診断、各種予防接種など、近隣地域の健康を支える重要な施設でした。
病院は多くの患者を受け入れ、最大の年で一年間で15万回もの診察を行っていた様です。

1952年には北海道で赤痢の集団発生が発生し、この雄別地区内でも感染者が出ています。
その時に雄別炭鉱病院に隔離病棟が併設されました。

1970年2月雄別炭鉱が閉山されるとともに、雄別炭鉱病院はその役目を終えました。
その時点での入院患者は、釧路市内に収容された様です。

近代化産業遺産

雄別炭鉱病院は2007年より経済産業省が認定する近代化産業遺産に認定されています。
そのため、現在はかつてあった大量のいたずら書きが消され建物自体綺麗に整備されています。
国から認定された産業遺産ですので、施設へのいたずら書きや損壊は大きな罪となります。
実際に雄別炭鉱病院に数回足を運んでいますが、損壊された跡が見受けられました。
非常に残念な思いです。

しっかりと外観の残る雄別炭鉱病院

北海道釧路市阿寒町雄別。
周囲は完全に自然に囲まれており、エゾシカやヒグマなど野生動物が頻繁に出没する地域です。
実際に現地には野生動物の足跡、糞などの形跡が多数見られます。
当然ですが、現地に行くにはヒグマ対策は必須です。

何度か雄別炭鉱周辺に足を踏み入れているが、雄別炭鉱周辺は独特の匂いが充満している。
魚の腐った様な匂いで、具合が悪くなる様な悪臭が漂っている。
炭鉱跡から、化学物質が漏れ出し、周囲の川にでも流れ出ているのだろう。
そう思っていたが、調べてみると現在近隣に肥料工場があるらしいです。
雄別炭鉱はひと気のない山奥にあるが、唯一近隣に謎の工場があり煙を上げて稼働しているのは目撃しています。
「こんな場所で仕事している人がいるんだ、、、」
と思いながら横を通り過ぎましたが、多分あそこが匂いの原因なんだと思います。

雄別炭鉱病院のレイアウト

自然に囲まれた地域で、かつてあった街ごと自然に還る中、しっかりと形が残る雄別炭鉱病院。
病院の建物は全面の道路に沿って一直線に伸び、中央部分に入り口玄関があります。

雄別炭鉱病院は主に一階が外来用の診察室、手術室が配置され、2階は主に入院患者用の病室だった様です。
中央部分のみスロープで3階まで上がれ、3階フロアからは屋上に出られます。
雄別炭鉱病院の本体から、廊下で繋がった先に炊事室・食堂・更衣室ブロックがあります。
雄別炭鉱病院の正面から見て、右の方向に赤痢流行時に増設された隔離病棟がありました。
既に隔離病棟の建物はなく、連絡通路のみが残されています。

雄別炭鉱病院外観

雄別炭鉱病院の正面入り口

細長い建物のそれぞれの端にも出入り口があります。
画像は向かって左端の出入り口。
逆側の端の出入り口は隔離病棟へと繋がっていた様です。

雄別炭鉱病院螺旋スロープ

雄別炭鉱病院の左右に伸びたレイアウトの中央、正面玄関の奥に位置する半円状の螺旋スロープ。
この雄別炭鉱病院の象徴的なそのスペースは、当時の技術としてはなかなか最先端であったようで雄別炭鉱病院設計時に入念に模型を作った上で建設されたようです。
今はもうガラス割れ散ったそのスロープから見える、屋外に広がる大自然は今なお美しい。
自然に帰りつつある雄別炭鉱病院の姿は、逆に今の方が美しいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました