史跡・遺跡・廃墟

水明荘跡 [北海道芦別市]

芦別水明荘 史跡・遺跡・廃墟

働く男の休息場所

1956年に建てられた、80名収容可能な独身寮、水明荘。
三井芦別炭鉱の炭鉱夫や、炭鉱閉山後は道道135号線にある富芦トンネル建設時の作業員が寝泊まりをしました。
芦別の市街地から離れた、頼城地区に水明荘は存在します。
2004年にこの建物は役目を終え、眠りにつきました。
建物は自然に飲まれ、抗う事はできず徐々に形を失っていっています。

この鉄筋コンクリート造の2代目水明荘。
その後1981年に大規模改修を経ている。

建物内は至る所にガラス板が立てかけられていて、足元もガラスの破片が大量に落ちている。
1階部分の床は抜け落ち、2階の天井は崩落を始めている。
外壁も地震の影響か、ずれて隙間が生じ屋外の光が差し込んでいる。
男性専用の寮だったのか、男性向けの雑誌が残っている。

水明荘外観

芦別市頼城町水明荘 外観
芦別市頼城町水明荘 入口
芦別市頼城町水明荘 壁

建物奥側

芦別市頼城町水明荘 裏側

水明荘1階

正面入口内のホール

芦別市頼城町水明荘 ホール
芦別市頼城町水明荘 中央階段
芦別市頼城町水明荘 床が崩落
芦別市頼城町水明荘 浴室

1階中央トイレ

芦別市頼城町水明荘 1階トイレ

事務室と書かれた部屋

芦別市頼城町水明荘 事務室
芦別市頼城町水明荘 事務室内部

脱衣場?

芦別市頼城町水明荘 浴室

1階洗面所

芦別市頼城町水明荘 1階洗面所

崩落している長い廊下

芦別市頼城町水明荘 廊下崩落
芦別市頼城町水明荘 液晶テレビの箱

液晶テレビの箱

芦別市頼城町水明荘 カメラフィルムケース

コメント

タイトルとURLをコピーしました